.
題名:経験は時の知覚を歪める存在である。 報告者:ダレナン  本報告書は、基本的にNo.833の続きであることを、ここで前もってことわりたい。  先の報告書では、人生の可能性と色の混色との関係について検討した。そして、それらの成果として、経験とは、時の知覚を歪める恐ろしい存在であることが…
.


上は研究報告書の抜粋になります。全文を読む、あるいは、「脳の可塑性と記憶」の記載については、下からpdfの研究報告書をダウンロードして確認していただければ幸いです。テキストで読むこともできます。

なお、ダウンロードした研究報告書にある青の文字は、この記事などとのハイパーリンクになってます。

下の画像をクリックすると、「脳の可塑性と記憶」がAmazon or 楽天でもチェックできます。


…ダウンロードして読む

…テキストで読む

カテゴリー:科学
著者:塚原仲晃
出版社:岩波書店



.


さらに、こちらもどうぞ…