.
題名:マロンのロマンを辿る旅路 報告者:エゲンスキー  マロンは綴りでmarronとなり、これ自体はフランス語である。その実態は、ブナ科クリ属の木であるシャテニエ(châtaignier(ヨーロッパグリ、学名Castanea sativa))の実のことを指す1)。そのため、日本でマロンと…
.


上は研究報告書の抜粋になります。全文を読む、あるいは、「クリと日本文明」の記載については、下からpdfの研究報告書をダウンロードして確認していただければ幸いです。テキストで読むこともできます。

なお、ダウンロードした研究報告書にある青の文字は、この記事などとのハイパーリンクになってます。

下の画像をクリックすると、「クリと日本文明」がAmazon or 楽天でもチェックできます。


…ダウンロードして読む

…テキストで読む

カテゴリー:科学
著者:元木靖
出版社:海青社



.


さらに、こちらもどうぞ…