.

題名:わたしは僕に交換された。
報告者:ダレナン

 本報告書は、基本的に No.2030の続きであることを、ここで前もってことわりたい。

 僕は空港に向かう前に、スマホのYouTubeで日本でのSIMの最後の曲を聞いていた。それはピアニスト、ヤーヌシュ・オレイニチャクによるショパンの「Nocturne in C-Sharp Minor, B. 49」だった。その曲は、いやおうなしに僕に何かを連想させた。そして、4:04のその演奏が終わると、僕はスマホの電源を落とし、静かにピンでSIMスロットを開けた。そして、祖父ヤナチェクが居たヨーロッパで通信できるSIMと交換した。交換すれば、もはや日本国内での通信は不通となる。でも、その後悔は、次への航海となるに違いない。航海としても、飛行機で行くつもりであるが、字としては航海としたかった。なぜなら、ひらがなでは、同じ”こうかい”だからだ。僕のその気持ちに後悔はなかった。だから、その気持ちをここで皆様に公開している。
 後の、この後の僕の人生は、空港からかの地に向かい、そこでスマホの電源を再び投入するだろう。そうすれば、僕はかの地で祖父ヤナチェクと交信できる。僕は、なんとなくそう感じている。祖母の写真を手に持ちながら、僕は祖母に語り掛けた。「お祖母ちゃん、いまから祖父の元に向かうね」と。写真の中の祖母もにっこり笑って答えているように見えた。

 「まもなくSnapdragon中央国家集権に着きます」
 電流スピナーのディスプレイからは、彼あるいは彼女のそのアナウンスが聞こえた。
「もうつくんだにゃん。ずいぶんと、ねていたにゃん。ちょっとのみすぎたにゃん…」
 りどるは、徐々に目を覚ました。そして、ちみを見た。助手席にいるはずの、ちみを見た。でも、そこに居るのは、そこに在るのは、ちみが着ていたヂャケットのしわくちゃな彼の残骸だけだった。
 「…、いってしまったにゃん。ちみは、いってしまったにゃん…。
 あの~ひとは、いっていってしまったにゃん。
 あのひと~は、いていてしまったにゃん。
 もう、かえらない~」
 「かいめい、いつきひろしだにゃん…」(図)
 りどるは、寂しそうだった。
 「そうなることはわかっていたにゃんども、…やっぱり、こうなると、さびしいにゃん…」

図 五木ひろし1) 

 SIM交換することで、スマホ内部の僕は、外部のわたしにコネクトし、僕は僕に戻った。僕は僕になった。そして、わたしは僕に交換された。もう、あのわたしには戻ることはないだろう…。きっと、たぶん…。

1) https://www.amazon.co.jp/%E3%80%90EP%E3%80%911971%E5%B9%B4-%E4%BA%94%E6%9C%A8%E3%81%B2%E3%82%8D%E3%81%97%E3%80%8C%E3%82%88%E3%81%93%E3%81%AF%E3%81%BE%E3%83%BB%E3%81%9F%E3%81%9D%E3%81%8C%E3%82%8C-%E7%94%B7%E3%81%8C%E6%B3%A3%E3%81%8F%E3%81%A8%E3%81%8D%E3%80%8D%E3%80%90%E6%A4%9C%E8%81%B4%EF%BC%9A%E9%87%9D%E9%A3%9B%E7%84%A1%E3%80%91-%E4%BA%94%E6%9C%A8%E3%81%B2%E3%82%8D%E3%81%97/dp/B079SZMCCH (閲覧2021.4.30)



…「よこはま・たそがれ」の品への案内は、こちらになります。