.

題名:「あなたがいた季節」でもって、かもーん。
報告者:ダレナン

 本報告書は、基本的にNo.1257の続きであることを、ここで前もってことわりたい。

 ほとんど、No Plan& No Ideaで始まったその題目は、たぶんこんな曲があるであろう試みでもある。そうして調べると、確かにあった。小泉今日子さんの作詞によるそのままずばり「あなたがいた季節」であった。そうして、その季節が夏であったことも分かる1)。その曲のYoutubeもあった2)。Youtubeの撮影日を確認すると、1991年9月26日とされ2)、正確にその経過年数を計算すると、27ヶ年+8ヶ月+9日であった3)。9年×3倍で、27年。実に、人生の3回の周期を感じる年数である(No.976)。おっ、いい感じに秋期を感じた。でも、曲自体の出だしは夏である。しかしながら、夏の終わりに入るその意識的な変化は、やがて秋期らしき時期において、誓い、そうして再び歩み始める歌詞1)と同じく、いい感じである。だからといって「あなたがいた季節」で、さらなるPlan&Ideaを思い付いたわけではない。さて、この先の展開をどうしようか。もはや、もはや、これまでなのかー。Plan&Idea、そして、希望ちゃん(No.1257)、かもーん。
 ここで、一枚のお葉書を紹介します。ペンネームは、匿名希望さんです。「つい、先日、鼻から水を入れたのですが、反対の鼻の穴から水がでてきました。その理由を教えてください」との投稿です。同時に、画像も送られてきましたので、それを見てください(図)。ほほぉ、これは見事に流れていますねー。でも、これは、相当に、難しい質問だと思います。もしかして、鼻と鼻の間に通路があるのでしょうか。私では返答できないので、先生にお尋ねします。先生、いかがでしょうか。そうですね。もしかして鼻と鼻の間に通路があるのかもしれないですね。その通路は、仮に、鼻鼻通路として、華々しくデビューしたみたいですね。たぶん、匿名希望さんは、Billie Eilishさんのようですね。10代とは思えない卓越した歌唱力と、繊細でメランコリックなメロディーセンスは、同世代から熱狂的に支持され、イットガールとして世間を賑わせているようですね5)。ちょっとここで、CMです。イットガールとは?、との質問はまた後にして、「When We All Fall Asleep, Where Do We Go?」のレビューにおいて、大黒屋亀吉さん曰く、「今までその存在を気にもしなか

図 鼻から水4)

った感情生産媒体「心」をはっきりと認識してしまい、しかもその心は見るも無残に傷だらけでところどころ破れかけていた。「音と声」がそれらの傷に、生ぬるいジェル状になりかけた温水のように広がり、浸されて癒されていくのが解った時、泣きそうになったものだ。テクニックがどうだとか、年齢がどうだとかは関係ない。」6)と見事な文体を確認できました。これは鼻水的に興味がそそられますねー。そうですねー。

1) http://j-lyric.net/artist/a000afb/l00139c.html (閲覧2019.6.3)
2) https://www.youtube.com/watch?v=qoVtG1mnp2k (閲覧2019.6.3)
3) https://keisan.casio.jp/exec/system/1177658154 (閲覧2019.6.3)
4) https://www.pinterest.jp/pin/586523551447684728/ (閲覧2019.6.3)
5) https://www.timeout.jp/tokyo/ja/music/top-artists-to-check-out-listen-watch-at-summer-sonic (閲覧2019.6.3)
6) https://www.amazon.co.jp/dp/B07N83JQKD/ref=dm_cd_album_lnk (閲覧2019.6.3)



…「When We All Fall Asleep, Where Do We Go?」の品への案内は、こちらになります。