.

題名:よくぼ~は、うまっかぼ~にも似ている、ばってん、それを、ものがたる
報告者:ダレナン

 本報告書は、基本的にNo.1479の続きであることを、ここで前もってことわりたい。

 結局のところ、分かった。どんなに立派なことを並び立てても、どんなに崇高なことを並び立てても、受け取り側の心理は、「私のことを満足させてほしい」ということだけである。簡単に言えば、相手方から得られる承認の欲求を、自らが納得できる内容で、限りなくその気持ちを満たすことだけ、である。でも、しかしながら、その欲求は、底知れず。最も、最も、深いのは、底なし沼などではなく、果てしなく、満たされない人間のよくぼ~。そのよくぼ~を根源的に、満足させることは、永遠に難しい。なぜなら、本人の納得は、相手から受ける内容の、愛の手からの内容が、自分のもつ内容と合致しないといけないからだ。
 そんなことは、まずない。人間には、人には、同じ意識は、似ていたとしても、まったく同じものは備わっていない。以心伝心もままならぬ。だからこそ、当時の僕は、カリーナ、myスイートハートを第一命とし、叔母はNakajo家、あるいは、Gaeele家の血筋として、それを第一命に考えた。そこには、当時の僕と、叔母との間で、互いの承認の欲求のズレがある。そのズレが著しく乖離すればするほど、溝が深まる。Gaeele家の叔母としては、僕の承認が、許せなく、結果として僕への叔母の拷問が生じ、よくぼ~が豹変する叔母を産ませた、のかもしれない。
 それをインスタグラムのlive配信から学んだ。インスタグラムのlive配信では、閲覧している人の人数が、右上に告示される。その人数が少なければ、live配信する側の酷似となり、人気あるor人気ないの他のインスタグラマーとの酷似となりえるのだ。場合によっては、この人の、live配信は、一桁レベルなの?と、live配信される側へのいぶかしげになる。それは残酷。送る側も、観る側も残酷なliveストーリー、ゆえに物語。あliveで桁レベルな違いのあるものを、ものがたるなのだ。
 そうして、ふと気づく。よくぼ~は、うまっかぼ~にも似ている、ばってん、それは、荒川なのだ(図)。やさしかった、僕がNakajo家の執事として、やがて働くことが当たり前として信じられていた、信じていた時の叔母は、まさにばってん荒川な感じ。でも、カリーナと出会うことで、こんな感じ(No.1473)になった(こえーこえーよ)。
人は成長とともに変わる。1979年に発売開始されたアイス、明治の「うまか棒」も、「1979年に九州地区限定で販売が開始され、その後全国での販売が開始。発売当初の値段は50円。チョコナッツ、ミルク、バナナ、あずき味などがありましたね。」1)から、「なんと発売後3ヶ月で3000万本を売上げ、翌1980年に全国展開しました。」1)から、「現在は、「うまか棒ミニ」シリーズが発売されており、「うまか棒」は発売していません。」1)。

図 ばってん荒川1)

 もはや発売されていない、結局のところ、それが分かった。そうして我がGaeele家のドアを開けた(No.1479)。ギィーッ。

1) https://middle-edge.jp/articles/LQ0nU (閲覧2019.11.30)



…「うまか棒ミニ」の品への案内は、こちらになります。