.

題名:映画「トワイライト」をたぶんレビューしていないインターステラ―の時空間的な影響について
報告者:ダレナン

 本報告書は、基本的にNo.1569の続きであることを、ここで前もってことわりたい。

 再びプレイした。するとどうであろうか、

(ベラちゃん、ストローでちゅうちゅうと吸っとる、何かを)

 よーし、これならばネタバレにはならへんやろ。ええ感じや。ちゅうちゅうとめっちゃええ感じや。脈もつよーなっとる。ええ感じやで。この辺で、2/3あたりまで来た。

(めっちゃ痛いでこれー)

(レネズミやったでー。女子やでー)

(イッツ・マイ・ヴェノム…)

(ベラ、やっべー…)

 そうして、僕はジェイコブの瞳を通じて、インターステラ―した。それこそマーフィーな時間。映画と映画の時空間を乗り越えて、はるか彼方の世界へと旅立つ。宇宙の知識なら、誰にもマッケンジー。そう言いたい。うそでも、そう言いたい。それが時空間的な影響になる。ただし、うそ過ぎてはいけない。リアルな、よりリアルな、科学的にも納得がいく映画として、クリストファー・ノーラン監督はチャレンジしたのだ。それは、「宇宙旅行はつねに究極のチャレンジ」1)であるかの如く。
 よーし、ここまでくれば、「トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーンPartⅠ」の次元は、多次元の中でもDimension FOUR(図)。残り時間17分弱。次のDimension FIVE「トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン PartⅡ」へと移り変わる瞬間が来ている。でも、ワープはしない。確か、「ブレイキング・ドーンPartⅠ」のエンドロールの途中で続編に繋がる重要なストーリーが挟まれるとのこと3)。きたでー。Dimension FIVEまでまじかやでー。

図 More Space, Tiime, and Multiple Dimensions2)

1) https://www.youtube.com/watch?v=qZZ9jRan9eo&hd=1 (閲覧2020.1.11)
2) https://www.wired.com/2014/11/metaphysics-of-interstellar/ (閲覧2020.1.11)
3) http://d-kamiichi.com/archives/13557 (閲覧2020.1.11)



…「トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part2」の品への案内は、こちらになります。