.

題名:海の男ガンマンとして、目がドロンをやっつけ
報告者:ダレナン

 本報告書は、基本的にNo.1319の続きであることを、ここで前もってことわりたい。

 太陽から、まさにサンサンとして降り注ぐ紫外線は、肌にも悪く、そこで日焼け止めクリームが必要となる。焼くと、焦げるのは肌も同じで、こんがりと焼くと健康そうに見えるも、焼き過ぎるとシミとなり、それが、後に、仇となる。それによって、皮膚ガンにも至る可能性を秘めたその怖さは、ガンマンとして、バキューンと打たねばなるまい。そうして、ガンマンは今日も夕日の中を歩き、彷徨い、朝日にウェイクアップする。一時的に焼き過ぎれば、メイクアップして白い肌に戻さなければならないと。さしずめ、“とり”(No.1319)が焼ければ、やきとりとなるが、ヒトが焼ければ、嫉妬となる。その嫉妬は、イヌも食わない。「それはしっとる。当たり前だろ、バカヤロー」として嫉妬る。バキューン。ズキューン。ドキューン。ワイアット・アープ。「そろそろ目を覚ます時間だぜ、アスタ・ラ・ビスタ・ベイビー」。
 太陽系から大マゼラン雲近くのイスカンダル。14万8千光年の距離は、現在では見直され、15万7千光年となっていることは、すでに多くの人がヤマトることでもある1)。が、しかし、ヤマトるだけではなく、本当は、ガンフロンティアの方が、もっとよいかもしれない。常にナニの話があり、ナニなくしては進まない話。でも人には薦められない。だから☆1つ。そう、クマぽん氏2)が伝えた。だからこそ、ガンのフロンティアが必要となる。フロンティアしながら、ガンへの不安もよそに、「バキューン。ズキューン。ドキューン」として、白い肌にも黒い肌にも憧れる。それが、海の男ガンマンとして、今宵もハートをビートさせる。間違いなく、早打ち名人級に。バカヤローとして、ビートが、猛する一瞬だ。
 ただし、目の前に太陽の光があれば、焼きたくなるのは事実(図)。それは、自らがズキューンと打たれることにもつながろうが、ドキューンとして、DQNになろうものなら、嫉妬る状態として、目を覚ます時間へと突入させられる。この時間差は、14万8千光年であろうが、15万7千光年先であろうが、そこには、光の奇妙な影として、映ることを示唆している。

図 焼きたくなる3)

「これはメガロドン?」という、だから偏食はダメなんだって!という絶滅種4)。そこで、よく見てもらいたい。図の左下の海の中には、影がある。それはメガロドンのお影?。それとも、MEG ザ・モンスターを見たお陰?。身体に映る影はガンと診断されると恐ろしいが、ジェイソン・ステイサムがやたら強くて、アクション俳優としての地位を確立した彼曰く、「西部劇の時代に生まれていれば、俺は間違いなく名医キャプテンハーロック。ガンマンだ。彼女のハートも簡単に射止められよう」。そうして、ここでの眠気を、やっつけ、目がドロンをやっつけ、記述が目覚める。嫉妬るのドロンとした眠気を吹き飛ばす、愛あるメッセージ。

1) https://masamich.at.webry.info/201202/article_2.html (閲覧2019.7.1)
2) https://www.amazon.co.jp/ガンフロンティア-1-秋田文庫-松本-零士/dp/4253174612 (閲覧2019.7.1)
3) https://www.pinterest.jp/pin/248683210659743795/ (閲覧2019.7.1)
4) https://www.gizmodo.jp/2017/01/the-worlds-largest-shark-had-a-fatal-appetite-for-dwarf.html (閲覧2019.7.1)



…「MEG ザ・モンスター」の品への案内は、こちらになります。