.

題名:「セブン・イヤーズ・イン・チベット」みたでー・オン・ザ・わいふぁい
報告者:ダレナン

 本報告書は、基本的にNo.1665の続きであることを、ここで前もってことわりたい。

 さあ、まっくの、あるいは、まくどの、あどれすをいましらべとるで。なんでかっていうと、ものすごーく、ものごっつう、ひさしぶりに、わいふぁいのきかいをかえたからやで。
 どーでもええがなそんなこと。
 まっ、っそやな、ふつうはそうやで、こじんの、ごくこじんの、かていのわいふぁいをかえたからといって、でんぱぼうじょできるわけやあらへんがな。おい、わたいに、そんなの、かんけーねーがな。わかっとるで。ちゃんと、わかっとるで、そのいいぶんは、おっちゃんには。
 おっと、でんぱぼうじゅしたい。
 いやー、そうはいかんな。なんでかってと、あんごうかされとるで。ちゃんとな。あんごうかや。まるで、まんじゅうに、りっぱな、あんこがつまってるじょうたいや。つまりな、あんが、ごうかなんやでー。あんごうか。
 くっそ、つまらん。
 まっ、そういうなや。そう、いっとるだんかいで、ここまでよんどるしょうこやで。あなたさま。ありがとーさんきゅーなー。
 そんでな、もー、さいきんのわいふぁい、どのきしょが、どんなふうにつながってるのんか、まったくわからんようになってな。きがつくとな、おとなりさんのわいふぁいが、「あれっ、みえちょる」、ちゅうわけや。だからな。なんとかせきゅりてぃー、ちゅうもんを、じぶんで、ちゅうもんしとるわけや。ちゃんと、あんぜん、まもって、あんおおめでーってかんじやで。じゃないとな、でんぱがぼうじゅされるんやで。これまた、こわいはなしやで。こっかきみつの、でーたー、ここのでーたー、こっかきみつやで、でも、こんなふうに、めっちゃだだもれやで。ところで、なにしに、こんなことをかいとったか、わすれてしもーた。ちょっと、おもうだすさけ、まっとってーなー。

 あっ、おもいだしたで。アンジェリーナ姫さま(図)がな、さいきん、いんすたで、「セブン・イヤーズ・イン・チベット」みたって、いっとたでー。なんか、なみだでた、っていっとたでー。そこでな。みたんや。「セブン・イヤーズ・イン・チベット」をな。そうするとな、いんしょうにのこることばがあってん。せいおうととうようのちがいでな、「自立で頂点を極める人」と「エゴを捨てる人」というかんじにな、ぶんかのちがいがあろうみたいやねん。そこでな、おもったんや。「エゴを捨てる人」、それって、くうや。それって、どーなつじょうたいやってな。まえに、かいてたきおくがちょびっとあるけんど、それって、どーなつじょうたいや(No.1023)、ってな。なんか、すげーことかおいとるで、ここ、いまよみなおすと、しかし。

図 姫さま1)

1) https://www.instagram.com/p/B_41bJCA6iU/ (閲覧2020.5.8)



…「セブン・イヤーズ・イン・チベット」の品への案内は、こちらになります。