.

題名:MVの変遷 -ThrillerとRed Lips (feat. Sam Bruno) [Skrillex Remix]を例に-
報告者:ゴンベ

 今や音楽にはビデオが欠かせない。それがMV(ミュージックビデオ)への発展に至る。古くは、もともと音楽をプロモーションする映像としてのMVでしかなかったが、1981年にはMTV(ミュージックテレビジョン)(図)が台頭してからは、それが一変し、特に1982年頃からの「Beat It(邦題:今夜はビートイット)」や「Thriller (邦題:スリラー)」と相次ぐMichael Jackson氏の活躍によって、MVはアーチストの表現手段として欠かせないものとなった。特に「Thriller」のMV1)は、1981年にモンスター(狼男)の映画として時代の流れを変えた映画「狼男アメリカン」の監督でもあるJohn Lantis氏を監督に迎え、さらに、特殊メイキャップアーチストとして、これも知る人ぞ知るRick Baker氏と、一流の布陣でもって作成されたために、大きな話題となった。その映像も当時の水準では最先端であり、Michael Jackson氏の音楽もさること

図 MTVのロゴ2)

ながら、Jackson氏のダンス、そして、Lantis氏と Baker氏による映像と特殊メイキャップのビデオと、全ておいて時代を変え、一挙にMVが浸透した。また、それ以後のMVはこれを超えるものでなければならない世相もあったことから、MVの製作側の要求水準もこれを機に大幅にアップした。
 近年では、映像の技術も進むとともに、デジタル化の恩恵もあって、高額でなくとも卓越したアイデアを実現できる能力があれば、アーチストとして注目されやすい。さらに、MVは映画よりも時間が短いために、持てるアイデアを全て投入しやすい利点も手伝って、若手アーチストによる斬新なMVも最近は頻繁に散見される。Julio Mejia氏とMatt Toth氏によるエレクトリックミュージックデュオGTA3)が手掛けたRed Lipsに、アーチストのSam Bruno氏4)が参加し、さらに、エレクトロミュージシャン・シンガーソングライターであるSkrillex氏5)がリミックスしたというRed Lips (feat. Sam Bruno) [Skrillex Remix]のMV(女優:Anya Taylor Joyさん)で監督したGrant Singer氏6)は、1985年生まれの若手ながらも2016年のヨーロッパMTV Music Video Awardを受賞し、Taylor Swift氏のMVをも手掛け7)、頭角を現している映像アーチストの一人でもあろう。Red Lips (feat. Sam Bruno) [Skrillex Remix]はダンスもあり、特殊撮影もあり、ホラーチックな表現で、「Thriller」と類似した表現方法を見られるが、ダンスは西欧圏ではあまり見られない日本の舞踊家土方巽を中心に形成された前衛舞踊の暗黒舞踏のような表現をも取り入れ、特殊効果も相まっていい意味で複雑な悪夢的なMVに仕上がっている。「Thriller」も当時は斬新な悪夢的なMVであったが、Red Lips (feat. Sam Bruno) [Skrillex Remix]は、驚異的にそれを極めるまでに進化している。

1) https://ja.wikipedia.org/wiki/スリラー_(曲) (閲覧2018.1.12)
2) https://ja.wikipedia.org/wiki/MTV (閲覧2018.1.12)
3) http://wearegta.com/ (閲覧2018.1.12)
4) http://www.sambrunomusic.com/ (閲覧2018.1.12)
5) http://skrillex.com/ (閲覧2018.1.12)
6) http://grantsinger.com/ (閲覧2018.1.12)
7) https://caviar.tv/paris/directors/grant-singer (閲覧2018.1.12)

… 品々とpdfのページを見る


この記事をシェアできます。