.

題名:一枚の写真からの情景
報告者:ダレナン

「ねぇ。今度の休みにどこに行こうか?」

「わたし、久しぶりに遊園地に行きたいだけど…。いい?」

「いいねぇー。じゃ、遊園地にしよう。」

———————

そうして、待ち望んだ休日がやってきた。幸いなことに天気も快晴だ。久しぶりの遊園地にわくわくしていた。

彼女:「お待たせ。だいぶ待った…?」

「今来たばかりだよ。」

赤いワンピースに身を包んだ彼女は、ひと際一段と輝いて見えた。彼女も久しぶりの遊園地にわくわくしているようであった。

「何から乗る?」

彼女:「そうね。やっぱり観覧車がいいなぁ…。」

「分かった。」

天気がよいのでどうしても喉も渇きがちだ。そこで、先にPEPSIを買ってから、観覧車へ乗る列に並んだ。

彼女:「はやく順番、来ないかなぁ………。来た来た。乗ろう乗ろう。」

乗った後、彼女の写真を撮った。恥ずかしそうに手を挙げても、彼女はちゃんとこっちを向いていた…。

図 一枚の写真1)

のような情景が浮かぶ、とても素敵な写真(図)である。撮影者などの情報は分からなかったが、あまりにも素敵な写真のため、文を勝手に創作した。このことを、撮影者ならびにモデルさんにお礼したい。

1) http://abduzeedo.com/node/77217 (閲覧2018.3.22)

… 品々とpdfのページを見る


この記事をシェアできます。