.

題名:オランジーナCMの撮影場所の特定
報告者:トンカツる

 オランジーナとは清涼飲料水で、フランスで1936年から愛されたフランスの国民的な飲み物である1)。古くからフランス人をシュワッと元気づけたのが特徴で、日本には2012年に上陸している1)。そのボトルの形状もやや特徴があり、素敵な形状から、なんとなくボトルだけでもフランス気分を味わえるのもこのオランジーナの特徴の一つかもしれない。コカ・コーラがアメリカを代表する清涼飲料水であるならば、フランスを代表する清涼飲料水といえば、このオランジーナになるのであろう。
 そのオランジーナであるが、日本でも幅広く展開を希望するがごとく、販売元のサントリーもCMに力を入れている。現在(2018年11月30日)時点のオランジーナのCMは、フランス人俳優のVincent Crochon氏であるが3)、2017年はSexy Zoneのマウリス葉氏とフランス人女優の Salome De Maatさんによって、オランジーナ先生なる連作としてCMが流れたことから、このCMが記憶に残っている方も多いであろう。Youtube4)にもこれらのCMが閲覧することができるので、興味のある方は見ていただきたいが、このCMには大きく舞台が二か所あることが分かる。一つは海外、もう一つは日本である。この日本の場所に関しては、インターネット上の検索にてすぐに、広島県呉市の瀬戸内海の中部にある下大崎群島の島、大崎下島であることが5)、特定できた。しかしながら、図で示すような、海外の撮影場所が意外と判明しない。撮影の裏事情があるのかもしれないが、とてもきれいな場所である。行ってみたい。同時のCMには、これに付随するような素敵な海岸線が出現する。その海岸線に関して、開眼せんとすると、海岸線の石段の階段等が特徴的な観光地であることが判断できる。文献6)でもそれが確認できよう。そこで、本報告書ではこれらの画像をもとに、図のこの場所を特定することを試みる。この場所を知っている人にとっては、あまりにも無意味な内容の報告書ではあ

図 オランジーナのCMの一場面6)

るが、知らない人にとっては図を見て「素敵な場所だなぁ」と思うことは間違いない。そこに意義がある。
 まず、海岸線のある画像から特徴を切り出し、それらを画像検索にかけると、なんとフランスではなく、スペインのトッサ・デ・マール(Tossa de Mar)であることが分かった。これで、なんとなくCMの撮影場所を隠す必要性があったことが偲ばれる。ただし、図のような場所は、フランスのきれいな街のプロヴァンス (Les Baux-de-Provence)の可能性も捨てきれない。そこで、この図の画像も切り出して検索すると、図の背景の山と類似する画像が文献7)で確認できた。そこは、間違いなく先の海岸線と同じスペインのTossa de Marであった。このことから、図の撮影場所はスペインのTossa de Marであることが明らかとなった。

1) https://orangina.jp/product/ (閲覧2018.11.30)
2) https://orangina.jp/ad/ (閲覧2018.11.30)
3) https://dramac.jp/cm-dansei-orangina2018 (閲覧2018.11.30)
4) https://www.youtube.com/watch?v=_3Jip2OYwgo (閲覧2018.11.30)
5) https://tokyo-torisetsu.com/orangina-cm/ (閲覧2018.11.30)
6) https://trendskywalker.blog.so-net.ne.jp/upload/detail/m_orangina47-77c7d.jpg.html (閲覧2018.11.30)
7) https://ru.depositphotos.com/172819032/stock-photo-tossa-de-mar-old-streets.html?share_source=pinterest-172819032 (閲覧2018.11.30)



…「オランジーナ」の品への案内は、こちらになります。