.

題名:金ぴかのボタン?…
報告者:ダレナン

 ふと足元を見ると、何かが這っていた。近眼の私は、幸いなことにメガネがなくては足元すらよく見えない。でも、たぶんゴキブリではないような形をしている。そこで、じっと目を凝らしてみた。そこにいたのはヤモリであった。

「ヤモリ?」

 ヤモリにはその名の通り、家を守る、家守(ヤモリ)となる。何かの幸運のしるしかもしれない。ヤモリを踏まないようにそっと足をどけると、そのヤモリは、さささっ、と素早い動きで、タンスの奥に隠れていった。

「ヤモリちゃん。どこに行ったのかなぁ。」

興味本位で、タンスの奥を覗くと、ヤモリはいなかった。が、そこに何かの物体が見えた。自分が動くことで、その何かに日光があたり、ピカリと輝いた。

「金ぴかのボタン?…みたい。でも、ボタンにしては大きさが大きすぎるかもしれないなぁ。あっ、そういえば、この前、お金をここらで落としたような…。もしかしてそれかもしれない。金ぴかということは、5円玉か、10円玉か、500円玉か? でも、お金よりも大きいような…」

そう思い、タンスの奥に手を伸ばした。届きそうで、届かない、その金ぴかのボタン?…

「もう少しで、届くのに…」

そこであたりを見回して、タンスの奥まで届くような棒を探した。ちょうど手芸に使おうとしている妻ののれん棒が目に入った。

「あった。あった。」

その棒を使って、金ぴかのボタン?まで棒を伸ばした。その時、その金ぴかのボタン?らしきものが、少し動いた。かと思うと、フュンフュンフュンと、奇妙な音が聞こえ、金ぴかのボタン?が宙に舞った。そして、こちらに近づいてきた。

「うわっ…。なんだこりゃ。」 

近づいてくるその金ぴかのボタン?の窓らしき小さな穴から、ヤモリの目が光っていた。そして、そのまま、金ぴかのボタン?は家の窓まで飛んでいくと、窓の隙間から空高く飛んで行った。

… 品々とpdfのページを見る


この記事をシェアできます。