.

題名:ラーメン道は、険しいで~
報告者:

 本報告書は、基本的にNo.1514の続きであることを、ここで前もってことわりたい。

「おっ、あんちゃんもバンドマンか?」

「はい」

「いやー、それにしてもあんちゃん、日本語じょうずやのー。どっかで勉強したんかいな?」

「昔から、叔母に教わっていたので…」

「叔母って、日本人か?」

「違いますけど。なぜか日本語を学びなさいって、むかしから言われていたので…」

「へぇー、イギリス人なんに、不思議な家系やなー」

 ここでは、おやっさんには、一年後ぐらいにはGaeele家の宿命としてNakajo家の執事になることはだまっていた。怪しまれると、従業員としてやとってはくれないかもしれない。なんせ、今は、このおやっさんのラーメンの極意が知りたい。その一心だった。

「おやっさん。表に従業員募集と書いてありましたけど、僕をやとってもらえませんか?」

おやっさんは一瞬、きょとんとした。でも、その後に、にっこりと笑いながら、

「おっちゃんのラーメン道は、険しいで~。外人のあんちゃんに、ついてこれるか?」

「はい」と即答した。

「よーし、明日からここであんちゃんに働いてもらうべか。ところで、あんちゃんの名前は?」

「Eiigo Gaeeleといいます」

 そうして、僕は猫ラーメン(図)で修行することに決まった。俺の醤油味を目指して。

図 猫ラーメン1)

1) https://www.amazon.co.jp/猫ラーメン-俺の醤油味-DVD-中川里江/dp/B001IOMSGG (閲覧2019.12.19)



…「猫ラーメン」の品への案内は、こちらになります。