.

題名:わお~ん。こうにゅうすると、HDで¥2,750
報告者:ダレナン

 本報告書は、基本的にNo.1713の続きであることを、ここで前もってことわりたい。

 なんどもなんどもくりかえし、そうして、なんどもなんどもくりかすなかで、しだいに、どんどんとちくせきし、たまっていく。いくらてんかいしようとも、きゃびあになれないげんしょうだ。いくらいくら? それ、じかそうおう。
きっと、しゅんがある。いくらも、きゃびあも、きおくもだ。
 ちんふかし、やがてつちへとかえる。げこげことなこうとも、それもみなおなじ。だから、げっこうはべーとーヴぇんなんだろう。そうおもうしか、いまはかんがえられない。
 ふねはどんどんとしずんでいく。うちゅうくうかんをただようようにせっけいされているからして、すこしはぼーすいかもしれない。そのきじゅんは、IPX7だろうか。せんちょうにたずねてみた。

「このふねのぼうすいきじゅんは、、IPX7ぐらいでしょうか」
「いやー、しらん。でも、しんすいはしていないようだな。でも、ふかいでー、このうみ。どんどんとちくせきしていくみたいじゃな」
「らじゃー」

 なんのらじゃーかわからなかったが、とりあえずらじゃーとこたえた。それに、ぶ、をつけると、たいへんなことになるから、いつもどおり、らじゃーとした。
 そのとき、くちからえきたいがでていたことに、きづいた。よだれ、っとおもえたが、ぬぐうと、どすあかかった(ず)。わお~ん、と、ほうこうもきこえた。おっちゃんせいからのしねんかもしれない。あるいは、いおんでのしはらいかもしれない。いずれにせよ、わお~ん、ときこえたのだ。
 つぎいくでー。おっちゃんは、つぎのれぶーいくでー。れぶーや。らんでぶーや。そうして、れびゅーや。そうや、「じゅうはつきよにゆめをみる」。これみたんや。おもいだしたで。これは、ちびっとだけおもいだせたでー。じゅうや。おっちゃんのなかのじゅうが、ここいらいでめざめるんや。ここいらいひさびさに、じゅうがめざめるでー。かくごしときーや。

ず じゅう1)

わお~ん。こうにゅうすると、HDで¥2,750

1) https://eiga.com/news/20160119/6/ (閲覧2020.6.5)



…「獣は月夜の夢を見る」の品への案内は、こちらになります。