.

題名:いぶされ過ぎたカニは、やがて灰へとなりにけり。
報告者:ダレナン

 本報告書は、基本的にNo.1461の続きであることを、ここで前もってことわりたい。

 今はまだ始まったばかり。でも、先の読めない展開は、プロットのある方がよいのであろうか。しかし、キングならこういうだろうか。「基本となる設定が固まったら、先の展開は分からずに書き始める」1)。これこそが、キング・オブ・キングス。王にはなれなくとも、せめて「将棋駒 斧折 上彫 仙佳作」の、”と”にはなりたい。”歩兵”から”と”への変化、なると。しかし、実際は”と”ではなく”今”。実はれっきとした漢字で、草書体で書かれた「今」の崩し字だというから驚き2)。だから、今は、”今”に集中し、やがて、NARUTOとなることを期待して。
 そのNARUTO-ナルト-は、…数々の試練を乗り越え成長していく物語3)。「ハリウッド映画化(実写版)が決定ました。」4)ものの、”し”がない実写化は望まれない。
 岸本斉史氏が最も尊敬する漫画家は鳥山明氏であるも5)、かつての実写化である「ドラゴンボール エボリューション」、その脚本家のベン・ラムゼイ氏曰く「ベストを尽くしたが、私は “自分のドラゴンボール”を落としてしまったのだ」というぐらいに大きな傷となった6)。はたして、NARUTOはいかに。ここで、”はいかに”を変換すると、配下に、えっ、灰カニに、なっちゃうの。なんだか、NARUTO-ナルト-の実写化には、ドラゴンボールの実写化の会社もからんでいるとの物語もある。ほら、ここよんでみ。「今回、実写版「Naruto-ナルト-」を制作する会社は、過去にドラゴンボールの実写映画「ドラゴンボール エボリューション」という駄作映画を作った会社と同じということで、日本・海外のファンの声もシビアのようです。」7)。それは、こまる。そこで、一句。

いぶされ過ぎたカニは、やがて灰へとなりにけり。(図:いぶされ前のカニ)

(なんだこれ。前回(No.1461)と全くつながってないじゃん)

図 カニとサザエ8)

 若干ではあるが、そんな皆さまからのお手紙を頂戴した。その時、イギリス時代の伯父からいわれた言葉は、

「カリーナ、myスウィートハートをとるのか、それとも、我がGaeele家の血筋、Nakajo家のお嬢さまの執事として働くのか。おまえはどっちなのだ(怒)。どっちをえらぶのだ(怒)。」

1) https://www.amazon.co.jp/書くことについて-小学館文庫-スティーヴン-キング/dp/4094087648 (閲覧2019.11.20)
2) https://gendai.ismedia.jp/articles/-/53803 (閲覧2019.11.20)
3) https://ja.wikipedia.org/wiki/NARUTO_-ナルト- (閲覧2019.11.20)
4) https://cheeeeek.com/naruto-zissya-hollywood/ (閲覧2019.11.20)
5) https://ja.wikipedia.org/wiki/岸本斉史 (閲覧2019.11.20)
6) https://rocketnews24.com/2016/05/09/745829/ (閲覧2019.11.20)
7) http://youtubelib.com/natuto-highquality-movie (閲覧2019.11.20)
8) https://www.photo-ac.com/main/detail/2687786?title=カニとサザエ (閲覧2019.11.20)



…「将棋駒 斧折 上彫 仙佳作」の品への案内は、こちらになります。