.

題名:そのだんぺん。あたまをばんどでこてーする。
報告者:ダレナン

 本報告書は、基本的にNo.1745の続きであることを、ここで前もってことわりたい。

 あのときの…、あのときの…、あのときの…。そうして、ねていると、とめどなくなぜかなみだがあふれた。もうどうしもようもなく、なみだがとまらなかった。めがさめても、いっこうになみだはとまらない。おえつしているぼくのようすをみて、ジェシカがかけつけてくれた。

「きっぺい。どうしたの? だいじょうぶ?」
「ちょっと、かこのことを、おもいだして…」
「わかってる…。だいじょうぶだよ、きっぺい…。わたしがいる」

 ジェシカはそれいじょうなにもいわずに、ぼくをはいごからすっとだきしめてくれた(ず)。ぼくはここのところ、ジェシカにあまえてばかりいる。でも、わすれているなにか、きおくが、すっかりしまいこまれ、うしなわれているそのだんぺんをおもいだすたびに、ぼくはいたたまれなくなって、あたまがくらくらする。そんなとき、ジェシカがいつもそばにいてくれて、うれしかった。
 ジェシカにたいするあいは、いつだってかわらない。きょうも、あすも、あさっても。ぼくのいのちあるかぎりジェシカにまごころをつくす。そのちかいは、かみにちかったそのちかいは、うそではなかった。

ず だきしめて1)

 それとはべつに、なにかをおもいだそうと、いやおもいださせるようにしむけられとるんや。きっと、おっちゃんせいからのしねん、かれいしゅうのせい。たぶん、そうや。そうにちがいないないんや。
 いやー、ばれてしもーた。そうやで。おっちゃんせいからのかれいしゅうは、はなにつくんや。まるで、みつばちがむらがるように、はなにちくんや。いたいでー、そりゃいたいでー。でもな、みつばちなら、しだいになおるわな。なおらんような、あのしましまもようのはち、なんてーなまえやったかのぉ?
 くまんばち?
 いや、ちゃうで。そうや、かおをおもいだした。なんかさんぐらすかけとるような、そんでもそのおくからぐっとにらみつけるとるような、そんなしましまさんや。えっとー、なんちゅうやったかな。あれやあれ、まあるいすつくって、くじょせなあかん、あれや。
 じょうおうばち?
 そうそう、いやっ、それは、きんだいちこうすけやで。もー、かなりむかしのえーがでほとんどしらへんけんどもな? そうや、ばんどもおったな。じょうおうばちっていう(十)。ばんどやばんど。あたまがしばられとるんや。あたまをばんどでこてーする、ここじゅうようやで。あたまをばんどでこてーする。なっ。

1) https://www.pinterest.jp/pin/421508846377540971/ (閲覧2020.6.25)



…「女王蜂」の品への案内は、こちらになります。