.

題名:DarkStarのようにパトカーのサイレンの音が響いている
報告者:ダレナン

 本報告書は、基本的にNo.1640の続きであることを、ここで前もってことわりたい。

 だからこそ、その愛の頂きが、よりパーソナルであればあるほど、そこに残る痕跡は、化石のように永遠に残る。それがエベレストというこの地球上で最大の山の頂きであったとしても、その頂上には貝の化石がある。それは、Michael Miloshが残した軌跡と同じかもしれない。
 アーチストMichael Milosh、アーチスト名はMiloshは、かつて女優のAlexa Nikolasとともに運命の時を過ごした1)。MVのThis Timeにもあるように、その記録は、パーソナルであり、二人が過ごした時間の永遠の記録でもある。でも、今は、それがない。なぜなら、二人はもはや別離している。しかしながら、その二人の間で生まれた、Milosh名義のJetlagは、アルバムとしても非常に素晴らしいのも事実である。このアルバム(図)のヂャケットモデルも、Alexa Nikolasである。たぶん。だからこそ、パーソナルな状況が映し出されつつ、slow downも名曲。かつて、その曲が、ここで意訳された気もするが、僕には、もはや記憶にはほとんどない。そういうこともあったかもしれない。その程度である。ただ、Alexa Nikolasによれば、「トウモロコシ畑とその木が私の目の前で瞬く間に光ったという言葉が彼の口から出てくるのを聞いたとき、彼女は爽快感に満ちて思い出します。「そうだとさえ言う前に、私は彼にここで私を導いたVisionを見ました。」3)とGoogle翻訳され、さらには、「「ツリー

図 Jetlag2)

が私たちがお互いにどのようにつながっているかを教えてくれたので、結婚式の日に嘔吐した色の部屋に立っている自分のこのVisionを見て、緑の目を持つ男の前に立っていました。なぜこれを見たのか見当もつかなかったが、その瞬間、私は遠くで最も美しい歌を聞いた。私の体のすべての髪が立ち上がった。完全にa敬の念を抱いて立っていました。」ニコラスは、音楽が当時のボーイフレンドのラジカセから来ていることに気付いたとき、「これは誰ですか?」と尋ねます。「ミロッシュ。マイク・ミロッシュ」と彼は答えた。「私はすぐに、「この男と結婚します」と発言し始めます。「これが何であれ、私は彼と結婚します」」3)というGoogle翻訳な啓示が彼女にあり、それに従って、その後、彼女は彼と結婚した。それ自体が奇跡。その軌跡が、Jetlag。でも、悲しいことに、Jetlag時代のMiloshも、High Highs時代のVisionも、もはやない。だからこそ、Cvllum カルム- Visionにもつながる。そこでは、なぜか、遠くでパトカーのサイレンの音が響いている。そのVisionでは、DarkStarのようにパトカーのサイレンの音が響いている、のだ。

(読者さま:あれっ、まったくストーリーにつながってない…)

1) https://www.j-14.com/posts/zoey-101-star-alexa-nikolas-breaks-up-with-husband-112332 (閲覧2020.2.22)
2) https://www.amazon.co.jp/Jet-Lag-Milosh/dp/B00FPM4ODW (閲覧2020.2.22)
3) https://www.verse-mag.com/love-letters/2018/8/8/alexa-nikolas (閲覧2020.2.22)



…「Jetlag」の品への案内は、こちらになります。