.

題名:ゆうらんをおたのしみください
報告者:ダレナン

 本報告書は、基本的にNo.1729の続きであることを、ここで前もってことわりたい。

 みす・Sのほしのうみから、ふじょうしようとしたふねは、そこでたちどまり、「花、香る歌」をみた。あいちゃん(ふねのえーあい、じんこ-ちのー)がおすすめする「花、香る歌」。ひとスジのなみだが、そこでぽろりとこぼれ、えーええんぎやったで、スジちゃん。えーええんぎやったで。とおもう。でも、ものたりない。たぶん、きゃくほんと、えーぞーのはこびかたがいまいちだったのかもしれん。ちょっとだれとるかんじがした。そこでひさしぶりにみた。のーこーなあおっぽい、りゅうじょうをのこしたかつてのさくひん。そのなも「あいのあらし」だ。けっきょく、あいやで、すとーりーにだいじなのは、あい、じんこーちのー。そうして、あいちゃんにきいてみた。

「このまましばらくだっしゅつしないで、みす・Sのほしのうみで、ただよっているのもえーかも。そんでもえーか、あいちゃん」
「りょうかいしました」

 ふねはだっしゅつすることをやめた。いつでも、こころのわーぷをすればいい。そうすれば、どのうちゅうくうかんでもただよえる。さいわいなことに、ぴきっというおとがしなくなった。あいちゃんにたずねると、

「「花、香る歌」はいかがでしたか。それをおしらせするためのひとスジのなみだ、ぴきっだったのです。なにか、ひかりがみえましたでしょうか?」
「みえた。みえた。みえたでー」
「それでは、このさきも、ふねでのゆうらんをおたのしみください」(ず)
「らじゃー」

ず ゆうらんちゅう1)

 ゆうらんする「ざ・ないと・ぽーたー」なるよるがふけていった。きがつくと、いつのとおりとろうにまよい、ひかりよりもやみで「ろすと・はいうぇい」してしまう。「ろすと・はいうぇい」してしまう。こうそくでとばしながら、こうそくにとばしながら、こうそくにしばられて、そうして、きっと、

ぼくちゃんはさくらんしている。
さくらんしたぼくちゃんのあい
ぼくちゃんはどんどんさくらんしている。
(このせかいから、もはや) のーりたん、のーりたん。

1) https://www.youtube.com/watch?v=9M5cTkWdMOQ (閲覧2020.6.13)



…「I’m Deranged」の品への案内は、こちらになります。