.

題名:すみやかなるしらべがずるずると
報告者:ダレナン

 本報告書は、基本的にNo.1684の続きであることを、ここで前もってことわりたい。

 いとおしは、いとおし(い)、なのか、いと・おし、なのかよくわからなくなった(No.1684)。ただ、おっちゃんせいからのしねんからよみとけば、おと・おしでもよいのではないかと、すいみんかぷせるのなかでおもった。おしだ。おし。せんちょうは、となりにねているせんちょうは、このおしについて、どうかんがえているのであろうか。
 かぷせるのなかはすくなくとも、かれいしゅうはただよってはいない。かぷせるのだっしゅうこうかがきいているみたいであった。もちろん、らくとんによる、すぃ~としゅうもかんじられない。そのため、おっちゃんせいからのしねんもすくなくなっておるかんじがした。
 だから、どうなんだ。だから。おっちゃんせいのしねんにふれたくなってきた。かぷせるのなかにはいるまえにげんえいをみせた、Kちゃんとのいきさつは、どうなったんだろうか。
 ぷしゅー。
 せんちょうにないしょで、かぷせるをかいほうした。かれいしゅうがただよってきた。そのとたん、またも、おっちゃんせいからのしねんに、ほんろーされつつも、じっとしているとげんえいがうかんできた。しだいに、こころに、おっちゃんの、かこがしのびよって、そのげんえいがげんじつであるかのように、ぼくがたいけんしているかのようにみせた。
 それはまるで、Yann TierenのPorz Goret(Eusa)のように、すみやかなるしらべでもあった。

「ゆうべ、ありがとう…って?」
「ううん、とてもたのしかった、かな? まさか、Sくんがそんなにしゃべるひとだとはおもっていなかったし、かんがえかたもあたしとあうひとだなーっておもったんだもん。のみかいで、このあとも、いっしょにいたいっていわれたとき、なんかうれしかった…」

 おもいだそうとしても、まったくおもいだせない。くちのなかのでんすいのもとがまだのこっている。Kちゃんにみょうなことはしなかったのだろうか…。

「だいぶのんでたね、きのう」
「ごめん、よくおぼえていないんだ」
「ふ~ん、そうなんだ。あたしにしたことも?」

よくよくかんがえると、Kちゃんとほてるにいるってことは…。
 ふらつくあたまのなかで、りせいのひもがずるずるととかれようとしていた(ず)。

ず ずるずると1)

1) https://www.pinterest.jp/pin/690247080375107238/ (閲覧2020.5.22)



…「Eusa」の品への案内は、こちらになります。