.

題名:Returns of The New World
報告者:ダレナン

 本報告書は、基本的にNo.2170の続きであることを、ここで前もってことわりたい。

 なんやかんやと待ち望んだまでにストーリーの回数が50となったことが分かった。始まりはそう、Beginnings of The New Worldだった。
 ここで、50で、Returns of The New Worldとなった。

原点への回帰

 まさに、
3.141592653589793238462643383279502884197169399375105820974944592307816406286208998628034825342117067982148086513282306647093844609550582231725359408128481117450284102701938521105559644622948954930381964428810975665933446128475648233786783165271201909145648566923460348610454326648213393607260249141273724587006606315588174881 520920962829254091715364367892590360011330530548820466521384146951941511609433057270365759591953092186117381932611793105118548074462379962749567351885752724891227938183011949129833673362440656643086021394946395224737190702179860943702770539217176293176752384674818467669405132000568127145263560827785771342757789609173637178 721468440901224953430146549585371050792279689258923542019956…

永遠に続く円周率の循環のように、人生も循環している。

グルグルと回り、何度も原点に帰り(還り)、果てしない世界を旅し続ける。そうして、そこにあるものをじっくりと観察して、また再び歩みだす。気が付くと自分の後ろにはちゃんと道ができている、はずだ。そう信じて。

 それが、

宇宙の法則

なのだろうか…。

僕にもポール・アトレイデスのような“未来が視える”能力がほしい…。

砂の惑星を夢見て、僕は今日も果てしない旅をし続けている。



…「DUNE/デューン 砂の惑星」の品への案内は、こちらになります。