.

題名:愛と欲望が交差し、誘惑と嫉妬が加速する
報告者:ダレナン

 本報告書は、基本的にNo.1374の続きであることを、ここで前もってことわりたい。

 あの一夜から(No.1371)、特に、藤井美菜さん社長からThe Callingはなかった。だから、So lately, been wondering (この頃、考えているんだ)、If I could, then I would (できることなら、僕がそばにいたい)1)と。でも、藤井美菜さん社長には、僕に代わる新しいプレゼン係がすでにいる(No.1371)。そのプレゼン係も、きっと藤井美菜さん社長にこう言っているに違いない。「I’d go Wherever You Will Go (あなたの行くところ、僕はどこへだって行くよ)1)」と。その時、社長の愛弟子(Disciples)と思っていた自分は、またもやJealousyを感じて、I got this jealousy (僕は嫉妬を得て)、Oh, looks like i’m Jealously (ああ、僕は嫉妬しているように見える)2)。そして、自分がDirty Little Thing (汚い小さなもの)のようにも感じるのだ。それでも、気持ちは、いつも、いつでも、Waiting 4 Your Callしてしまう。Can I Call You Tonight?と日々、疑問を呈しようとも、I Don’t Know電話番号。シチリアに行くために、機種変してしまい、I’m only one call away (電話一本で駆けつけるよ)、I just wanna give you love (僕はただあなたに愛をあげたいんだ)3)との一心であったOne Call Awayで、Pick Up the Phoneしてから、すぐに、Flight From The Cityしたことで、ものの見事にexplicit。Pick Up the Phoneがまさに、explicitプレゼンして、その欲望は大人になるまでみちゃだめー、と言いたくなる。だからこそ、通知 年齢制限があります(コミュニティ ガイドラインに基づく設定)と表示される。そう、これが大人になるための愛の誘惑に違いない。
 逢えるのか、逢えないのかとの葛藤で、「胸騒ぎのシチリア」となって、愛と欲望が交差し、誘惑と嫉妬が加速する4)。「ミラノ、愛に生きる」で絶賛されたイタリアの奇才が、胸高鳴るストーリー、旅・音楽・ファッションを融合させ、あなたを刺激的な非日常へと誘うとすれば4)、やっぱり、ミラノのその先にシチリアがあった…。
 その時、であった。スマホが鳴った。スマホが鳴ったのだ。そして、スワイプして、とる。ムックダー・ナリンラックさん(図)社長からだった。

「どう、逢えた? 藤井美菜さん社長に、逢えた?」
「まだ、です。今からシチリアに向かうところですよ」
「逢えるといいわねー。ここのとこ、プレゼンもなかなかグッジョブよー」
「ムックダー・ナリンラックさん社長♡ ありがとーございますぅ」

図 ムックダー・ナリンラックさん5)

1) http://omisoaji.com/The+Calling+-+ザ+コーリング/【歌詞和訳】Wherever+You+Will+Go+/+The+Calling+-+ホエアエヴァー+ユー+ウィル+ゴー+/+ザ+コーリング.html (閲覧2019.7.31)
2) https://genius.com/Disciples-jealousy-lyrics (閲覧2019.7.31)
3) https://ongakugatomaranai.com/charlieputh_onecallaway/ (閲覧2019.7.31)
4) https://screenonline.jp/_ct/17013272 (閲覧2019.7.31)
5) https://www.pinterest.jp/pin/615374736561027954/ (閲覧2019.7.31)



…「胸騒ぎのシチリア」の品への案内は、こちらになります。