.

題名:デクス・マキナー of プラウド・シェップの最前線
報告者:ダレナン

 本報告書は、基本的にNo.1172の続きであることを、ここで前もってことわりたい。

 どうやらそれは、Editer’s Choiceとして設定されているようである。最前線で活躍するデクス・マキナーと同じく、あるいは、ofと同じく、体を包み込むように支える。その白き妙なるセーターは、明らかな明瞭線をもって輝くであろうか。その終わりなき挑戦は、今までにない驚きと感動を与える。
 いつの時代でも定説が揺らぐのは、確固たる深淵がのぞけないから、に違いない。そこでもって、プラウド・シェップは、ここで発見されるに違いない。それは、誰しもが分かっていることであり、見いだせない何かを探し、その意味を模倣したがることをも示唆しているかもしれない。ただし、何もない空間での時は、何も流れない。そのデクス・マキナーはどこまであるか、ということに尽きる。したがって、図の彼女はこう言うに違いない。「ここに書いてあることは、すべてまっ白なの」と。目を見れば、明らかに、そのことが理解できよう。それは、of プラウド・シェップの最前線が、ここのすべてであることをも如実に伝えている。
 「ラーメンを食べながら、ここをのぞくあなたが、とってもステキ」という確率でもって、「それって、しょうゆ、塩、みそ。でも、わたしは、とんこつじゃなきゃ嫌」となる。「わたしは、とんこつがいいの。とんこつじゃない、デクス・マキナーは、Editer’s Choiceとして輝けない。そんなのは嫌」となる。そのセリフを補うように、プラウド・シェップは、今日も果てしなく彷徨う。

図 Editer’s Choice1)

 一方、現在、映画「キングダム」は軒並み好評を博しており、その面白さは、こころにfallするかの如く、いい映画であったと伝えることができる。特に、長澤まさみさん演じる楊端和と、王騎演じる大沢たかお氏に、そして、「キングダム2」への期待が高まる。したがって、羌瘣は誰が演じるのか。これから推定すると、happiness is the one thing we queens can never have.においてKingdom Fallが主題歌として、設定されていることにも繋がる。そちらは、Youtubeにもあるので、興味のある方は、文献2)を閲覧していただきたい。しかしながら、「鼻からラーメンをすすっちゃだめ。そんなの嫌なの」というセリフとともに、「でも、スパゲティーだったらいいかな~。だって、かっこいいもん」、「でも、それって、彼(イタリア人)に怒られちゃうかな。やっぱりそれも嫌」、「今のとこ、彼が一番なの」へとなるプラウド・シェップにやがて後塵を拝することにもなってしまう。それは、Closerとして近づこうにもpexØtをなんて読むのかと同じことを目指しているのかもしれない。その答えは、Mickey Shilohの20Thirteenにある「i think i love you」3)としてNo.1172とともに繰り返す記憶でもある。その記憶に意味を見出しても、その答えは、デクス・マキナーとして、of プラウド・シェップになるに違いない。

1) https://pixabay.com/photos/winters-woman-look-blond-1919143/ (閲覧2019.4.29)
2) https://www.youtube.com/watch?v=8cvl3S0Aw9g (閲覧2019.4.29)
3) https://www.youtube.com/watch?v=HUjLhy3vxO4 (閲覧2019.4.29)



…「20Thirteen」の品への案内は、こちらになります。